第3回JOHBOC学術総会 ~Bench to Daily Life~

プログラム・日程表

座長・演者は決まり次第、掲載いたします。

 

 

プログラム

特別講演 JOHBOC全国登録事業報告 教育セミナーセッション
シンポジウム1(産婦人科領域) シンポジウム2(乳腺領域) シンポジウム3(基礎)
シンポジウム4(産婦人科領域) パネルディスカッション(乳腺領域) ワークショップ(遺伝子カウンセリング)
一般演題 ランチョンセミナー1 ランチョンセミナー2
ランチョンセミナー3 ランチョンセミナー4 アフタヌーンセミナー1
アフタヌーンセミナー2 アフタヌーンセミナー3 アフタヌーンセミナー4

特別講演

日時2023年5月20日(土)
11:00~11:50

Mary-Claire King, PhD
American Cancer Society Professor Departments of Medicine and Genome Sciences University of Washington, Seattle

JOHBOC全国登録事業報告

日時2023年5月20日(土)
13:00~13:30

座長:中村 清吾(昭和大学 臨床ゲノム研究所/乳腺外科)


JOHBOC全国登録データ報告
演者:石田 孝宣
(東北大学 大学院医学系研究科 乳腺・内分泌外科学分野)

教育セミナーセッション

日時2023年5月21日(日)
14:50~15:40

座長:山内 英子(聖路加国際病院 乳腺外科)

未定

シンポジウム1 産婦人科領域

HBOCに関わる婦人科がんに対する基礎的研究−革新的ながん医療への実用化を目指して

日時2023年5月20日(土)
9:10~10:50

座長:岡本 愛光(東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座)
座長:関根 正幸(新潟大学産科 婦人科)


卵巣明細胞癌と相同組換え修復不全
演者:齋藤 良介(東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座)

高異型度漿液性卵巣癌患者におけるPRAP阻害剤奏功性予測バイオマーカー開発
演者:植草 良輔(名古屋大学 大学院 医学系研究科 産婦人科学)

DNA損傷関連RBPによるゲノム維持機構
演者:谷川 道洋(東京都立病院機構 がん・感染症センター 都立駒込病院 婦人科)

IL-34はPARP阻害薬の抗腫瘍効果をキャンセルする
演者:中村 貴香(聖マリアンナ医科大学 産婦人科学)

シンポジウム2 乳腺領域

Clinical Questionに答えはあるのか?

日時2023年5月20日(土)
13:30~15:10

座長:三木 義男(筑波大学 プレシジョン・メディスン開発研究センター)


エストロゲンによるDNA損傷修復にはBRCA1を必要とする
演者:笹沼 博之(東京都医学総合研究所 基礎医科学研究分野)

発症年齢の差はなぜうまれるのか?
演者:有賀 智之(がん・感染症センター都立駒込病院 外科(乳腺)・遺伝子診療科)

食道癌、胆道癌、胃癌のリスクについての解釈・対応はどうしたらいいのか?
演者:井本 逸勢(愛知県がんセンター 研究所)

Update of Radiation Sensitivity in HOOC (サーベイランスによる放射線被爆や 放射線治療(残存乳房照射)は本当に大丈夫?
演者:吉田 玲子(昭和大学 臨床ゲノム研究所)

シンポジウム3 基礎

診断・治療に繋がるHBOC関連因子の分子機構

日時2023年5月21日(日)
13:00~14:40

座長:片桐 豊雅(徳島大学 先端酵素学研究所 ゲノム制御学分野)
座長:千葉 奈津子(東北大学 加齢医学研究所 腫瘍生物学分野)


BRCA1とヒストン修飾を介したDNA相同組換え修復
演者:太田 智彦(聖マリアンナ医科大学 大学院医学研究科 応用分子腫瘍学)

BRCA1/2変異腫瘍におけるプラチナ・PARP阻害薬耐性のメカニズム
演者:谷口 俊恭(東海大学医学部 医学科基礎医学系分子生命科学)

PARP阻害剤治療時に発生するDNA損傷応答と抗腫瘍免疫の関連性
演者:柴田 淳史
(群馬大学 未来先端研究機構 DNA修復学研究室)

シンポジウム4 産婦人科領域・治療

HBOCと着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関する課題

日時2023年5月21日(日)
15:40~17:20

座長:三上 幹男(東海大学医学部 専門診療学系産婦人科)
座長:鈴木 (聖マリアンナ医科大学 産婦人科学)


HBOC診療ガイドラインBQ10の解説(PGT-M)
演者:佐々木 愛子(国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 産科)

HBOCのPGT-Mに対する社会的課題と医療者における認知
演者:植木 有紗(がん研有明病院 臨床遺伝医療部)

乳腺外科医の立場から考えるHBOCの着床前遺伝子検査
演者:宮原 か奈(地方独立行政法人東京都立病院機構 東京都立駒込病院 外科(乳腺)

当事者の立場から
演者:太宰 牧子(特定非営利活動法人クラヴィスアルクス,一般社団法人ゲノム医療当事者団体連合会)

「遺伝性」という表現の文化社会的受け止めと医療にできること
演者:柘植 あづみ(明治学院大学社会学部 社会学科教授)

討論

パネルディスカッション 乳腺領域

地域連携の現状と課題

日時2023年5月21日(日)
10:10~11:50

座長:大野 真司(がん研究会有明病院 乳腺センター)
座長:岩田 広治(愛知県がんセンター 乳腺科)


地域連携の現状と課題
演者:渡邊 健一
(北海道がんセンター 乳腺外科)

地域連携の現状と課題―南東北地区において―
演者:長塚 美樹(公益財団法人 星総合病院 外科 )

地域連携の現状と課題
演者:宮本 健志(群馬県立がんセンター 遺伝診療科、乳腺科)

東海地区におけるHBOC診療連携の現状
演者:岡田 明子(常滑市民病院 外科)

演題名未定
演者:吉本 有希子(公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 乳腺外科)

HBOC診療の地域連携の現状と課題
演者:久保 慎一郎(福山市民病院 乳腺甲状腺外科)

地域連携の現状と課題ー九州ー
演者:松本 恵(長崎大学病院 腫瘍外科・遺伝カウンセリング部門)

ワークショップ 遺伝カウンセリング

特別企画 HBOC患者・血縁者のサーベイランスをどうするか

日時2023年5月21日(日)
9:00~10:00

座長:櫻井 晃洋(札幌医科大学医学部 遺伝医学)
座長:山内 英子(聖路加国際病院 乳腺外科)


基調講演
演題名未定
演者:田村 智英子(FMC 東京クリニック 医療情報・遺伝カウンセリング部)

HBOC患者・血縁者のサーベイランスをどうするか
演者:松崎 佐和子
(九州大学病院 臨床遺伝医療部)

HBOC患者・血縁者のサーベイランスにおける開業医の役割
演者:赤羽 和久
(赤羽乳腺クリニック)

膵癌の早期診断を踏まえたがんゲノム医療連携病院におけるHBOC患者・血縁者のサーベイランス
演者:花田 敬士
(JA尾道総合病院 消化器内科)

HBOC患者・血縁者のサーベイランスをどうするか
演者:大谷 彰一郎
(大谷しょういちろう乳腺クリニック)

HBOC関連癌としての前立腺がんのサーベイランス
演者:小坂 威雄(慶應義塾大学医学部 泌尿器科学教室)

一般演題

日時2023年5月20日(土)
16:10~18:10

座長:津川 浩一郎(聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科学)
座長:林 直輝(昭和大学医学部 乳腺外科)

ランチョンセミナー1

日時2023年5月20日(土)
12:00~12:50

ランチョンセミナー2

日時2023年5月20日(土)
12:00~12:50

ランチョンセミナー3

日時2023年5月21日(日)
12:50~12:50

ランチョンセミナー4

日時2023年5月21日(日)
12:50~12:50

アフタヌーンセミナー1

日時2023年5月20日(土)
15:20~16:10

アフタヌーンセミナー2

日時2023年5月20日(土)
15:20~16:10

アフタヌーンセミナー3

日時2023年5月21日(日)
14:50~15:40

アフタヌーンセミナー4

日時2023年5月21日(日)
14:50~15:40

↓
  • 事務局
    一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構
  • 住所
    〒142-0054 東京都品川区西中延2丁目15-23
    アネックス旗の台403号
  • Mail
    johboc2023_tokyo@johboc.jp

  • 運営
    事務局

    株式会社サンプラネット MCV事業本部
  • 住所
    〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10
    住友成泉小石川ビル6階
  • 電話
    03-5940-2615
    FAX/03-3942-6396
  • Mail
    johboc_sunplanet@outlook.jp